デジタルマーケ実践育成プログラム

デジタルマーケティングを企業で取り込まなくてはならないことは判っているのだが、社内に人材がいないという会社様むけの育成トレーニングです。家庭教師のような形で、半年間一緒に業務を回して、デジタルマーケで一通りPDCAが回せる程度にまでOJT育成します。

メリット

  • デジタルマーケで一通りPDCAが回せる程度にまで、ウェブ担当者を育成することができます。
  • 定期ミーティングや専用のチャットルームでのやりとりを通じて、ホームページに関連する疑問点や運用の不明点を解消していただけます。
  • OJTですので、御社のホームページでの具体的な課題を改善しながら担当者を育成することができます。

こんな会社におすすめ

デジタルマーケティングを実行にうつしたいが、どこから手をつけてよいかわからない法人様向けのプログラムになっています。
お気軽にご相談ください。

  • デジタルマーケティングはやりたいが、管理者層・経営層に育成する人がいない企業様
  • 企業規模が100名前後で、専門のマーケティング担当が不在の企業様
  • ソフトウェア、メーカー等の製造業、各種商社様など主にB2Bの企業様

Face2Faceでワークをする必要があることから、1都3県に企画・マーケティング機能を置く会社様に限定させていただいています。

実施概要

大まかな流れはこのような内容になります。実施内容はお客様の実情に沿って変更できますのでご相談ください。

Step1:現状把握
準備段階 正しい数字がとれるようになっているかGoogle Analyticsの設定を確認します。
ホームページの概要 Google Analyticsを使って、現在のホームページの概況を数字面から把握します。
検索キーワードの概要 Google Search Consoeを使って、現在のホームページに流入しているキーワードの現状を把握します。
競合他社との比較 公開されている無料ツールを用いて、貴社の競合他社のホームページのおおよそのアクセス数や検索表示順位、流入しているキーワードの現状を把握します。
業務の流れ 多くの場合、引き合いを増やすという目的をお持ちのお客様が多いので、現状のワークフローの確認を行い、ホームページから顧客管理の全体を含めたビジネスマップを整理します

 

Step2:ユーザ理解と仮説設定
ペルソナ設定 現在のお客様をイメージしつつ、”貴社にとっての理想のお客様”を設定します。
カスタマージャーニー 設定したペルソナになり切り、顧客が貴社の顧客になるまで、どのような心理的な変化をたどるか紙と付箋紙でワークしていただきます。
カスタマージャーニー
まとめとKPI
カスタマージャーニーを1シートに落とし込み、貴社のホームページの最終目標を考えてKPIになるべき指標を確定します。KPIを定期的に確認するために、Google データポータルでレポートフォーマットを決めます。
施策への落とし込み カスタマージャーニーを実施後、再度競合他社のホームページやSNSぺージを確認します。他社で行われていて、自社にも有効な施策があれば参考にします。また、現状把握の中で見えてきた自社のウィークポイントも実施すべき施策として列挙します
優先順位付け 列挙した施策の中で、「期待される効果」「実施に必要な時間」「実施に必要な費用」を検討し、今年度どこから着手するか、検討します。

料金

  • 原則週1回は定例MTGを実施
  • 週10時間前後を目途の稼働
  • 専用チャットルーム開設

上記標準メニューで、凡そ月額20万円(税別)になります。

※1 デジタルマーケティングをほとんど実施しておられない会社様の場合、プログラム実施に最低4カ月を要します。
※2 ホームページのリニューアルをご検討の場合は、プログラム内容の組み換えは可能です。
※3 作業の一部を貴社オフィス内で行うことは可能です。

お気軽にお問い合わせください。03-5730-6576受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問合せはこちら しつこいお電話は決して致しません